経鼻内視鏡による胃カメラ検査、ピロリ菌除菌

06-6653-2883
06-6653-2883

検査内容inspection

経鼻内視鏡による胃カメラ検査

経鼻内視鏡のイメージ画像経鼻内視鏡のイメージ画像2

経鼻内視鏡で胃カメラも楽に!

当院では、経鼻内視鏡を導入しておりますので、胃カメラは苦しいという方でも楽に検査を受けて頂くことができます。経口が細いため、もちろん『口からの挿入』でも飲み込みやすく、大変楽に検査を行うことができます。精緻な画像診断で胃がんの早期発見、胃ポリープ、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、最近よく見られる逆流性食道炎など診断、治療を行っています。病状によっては適切な専門機関へ紹介させて頂だきます。また同時にピロリ菌感染の検査、治療も行っています。
検査画面を見ながら、話もできます。定期的に検査を行い早期発見を目指しています。

ピロリ菌の検査・除菌

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌、逆流性食道炎、慢性胃炎などを引き起こす原因にもなる厄介な細菌です。内視鏡検査で上記病変などが確認された場合にピロリ菌の有無を検査します。ピロリ菌が確認できた場合は、服薬による除菌を行います。

デジタルレントゲン検査

デジタルレントゲンのイメージ画像レントゲン装置

従来のフィルムではなく、デジタルに変わったことにより、被ばく量はかなり低減でき、無駄なフィルムや現像液などが必要なく、人にも環境にも優しいレントゲンです。撮影した画像はすぐに診察室へ転送し確認することができ、過去のデータとの比較も容易なので、待ち時間の短縮や詳細な診断が可能になりました。画像がデジタルなため各疾患の正確な診断に非常に有効で診断確率が向上しています。

エコー検査

エコー検査

超音波をつかって行う検査です。放射線被爆の心配がなく、苦痛もなく安全な検査ですので、妊婦の方でも受けていただくことができます。頚部、腹部、泌尿器系、甲状腺などの各疾患を検査しますが、腹部エコーでは肝、胆、すい臓、腎臓、副腎などの検査を行っています。

また頚部エコーでは頸動脈の動脈硬化の検査にて狭心症、循環器系疾患の早期発見にも役立ちます。泌尿器系の検査では腎臓、膀胱、前立腺の状態を検査し腎不全、腎臓結石、膀胱の機能障害、前立腺肥大、癌などの診断を行っています。その他甲状腺エコーも行っています。

その他検査

骨密度検査

骨密度検査のイメージ画像

骨粗鬆症は自覚症状がなく進行していきます。加齢と共に背中が丸くなる、身長が縮むといった症状は徐々に起こるためなかなか気がつきません。骨量が減少し脆くなりちょっとした転倒などで骨折しやすくなり、圧迫骨折、股関節骨折などで寝たきりになる原因でもあります。腰椎症、頚椎症の原因にもなり日常生活に影響します。

女性に多く、加齢か閉経が原因で骨量が減ることが多く、女性は50歳を過ぎたら定期的に骨密度の検査を行うことを進めます。早期の診断、治療にて骨粗鬆症の予防、骨折の予防を行います。

心電図検査

心電図検査のイメージ画像

循環器疾患において不整脈は多種多様あり、心電図検査にて、心不全、狭心症、心筋梗塞、頻脈、徐脈などの心臓に異常がないかを早期に診断します。

24時間ホルター心電図

24時間ホルター心電図のイメージ画像

さらに不整脈の正確な診断のために当院では「ホルター心電図」を導入しており、小型で軽量、コンパクトで風呂に入っても測定が可能であり非常に診断、治療に役立っています。

呼吸機能検査

呼吸器検査のイメージ写真

肺の容積や空気を出し入れする換気機能のレベルを調べる検査です。スパイロメーターという機器を使って肺活量、努力肺活量などの肺機能を検査し、慢性気管支炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患の診断に用います。

動脈硬化症検査

動脈硬化症検査のイメージ写真

高齢による動脈硬化、生活習慣病による動脈硬化により血管の硬さ、血管の閉塞状態を調べる検査です。この検査により早期に脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、高血圧などの予防が行えます

睡眠時無呼吸症候群検査

睡眠時無呼吸症候群検査のイメージ写真

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査をご自宅で寝ている間に検査することができます。この病気は不整脈や脳卒中、高血圧などの危険性も高まりますので、いびきがひどい、昼間にひどい眠気が来るという方、夜寝ている間時々息が止まるという方、いびきがひどいという方は検査をお勧めします。またこの病気は突然死の原因の一つとも言われています。当院でセットし検査をします。
診断がついたら治療を開始します。それにより病状の改善を行います。

pagetop